機能性表示食品だと良い物なの?

青汁で有名なメーカーがひざサポートコラーゲンというサプリを発売しています。

これは機能性表示食品となっていますが、トクホとどう違うのでしょう。

機能性表示食品とあれば良い商品と考えて良いのでしょうか。

【機能性表示食品とは】

機能性表示食品とは、2015年にできたばかりの商品のことで、例えば「脂肪の吸収を穏やかにする」とか「お腹の調子を整える」といった健康効果をパッケージに表示できるというものです。

安全性や機能性について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で表示できるものです。

これには国の審査は入りません。

論文の提出のみで許可されます。

【トクホとは】

では、トクホというのはどういうものかというと、特定保健用食品をトクホと言い、個々の商品ごとに国に科学的根拠を示します。

有効性や安全性の審査、許可を受けてから健康効果を表示することができるものです。

トクホが認められれば、テレビCMやパッケージでも使うことができます。

【機能性表示食品はどうなの?】

機能性表示食品は、トクホのように国の審査を経たわけではありません。

必要書類を提出すれば表示できるものですからトクホよりは簡単に得られるものです。

それならあまり信用できないのでは?と思うかもしれませんが、ひざサポートコラーゲンに関しては臨床試験を行い、その結果を論文にまとめて提出しています。

試験結果は良い効果があったとされていますので信頼性はあります。

ひざサポートコラーゲンは、「ひざ関節の動きを助ける」効果があると臨床試験で実証されていますので、その効果は十分あると考えられます。

◆お役立ちサイト◆膝サプリ大集合 ~比較表付き~